Next Photo's Hint

写真撮影をちょっと楽しくするアイディアをまとめます

あじさいを撮る

さて、今回は「あじさい」を撮影する方法を書いていきます。

 

6月に撮影するものといえば、一番に思い浮かぶのはあじさいですよね?私はあじさいくらいしか思い浮かびません。

f:id:phoy31:20170611232413j:image

 

青みがかった小さい花がもこもこ咲いてる様子は写真映えするし、撮るのが楽しいお花です。

 

関東だと鎌倉の明月院とか、東京都文京区の白山神社などが有名ですね。有名すぎて、土日の昼間に行くとディズニーランド並みの混雑っぷりです。

カメラを持った人が非常に多く、花の前で撮影で立ち止まる人が多いため、なかなか前に進めません。

 

そのため、短い時間でスパッと撮影を終わらせられるよう撮り方を予め押さえてから出かけましょう!

 

■あじさいを撮るポイント

①構図

日の丸構図がメインになると思います。

主題を一つ決めて、真ん中に配置する構図です。あじさいはたくさん花を咲かせますので、どれがメインか一目で分かるような絵作りが大事です。

三分割構図でいくつか花を並べるのもいいですね。

 

②日陰の花を選ぶ

これには2つ理由があります。

一つは、花の状態がいいため。日の当たる暑い場所で、水分が少なくては花が弱ってしまいます。

 

もう一つは、白とびをなくすため。白みがかった花に日光が当たると光が強すぎて白色をキレイに撮ることができません。

また、影ができてコントラストがキツくなるのを抑えることができます。

 

マクロレンズを使ってみる

例えばマクロレンズならこのような写真が撮れます。

f:id:phoy31:20170611233846j:image

寄りで取れるので、普段とは違った写真が撮れます。ピント合わせがシビアになるので、ブレないように設定を工夫する必要があります。

 

④下から撮ってみる

花を撮るときは、下から撮ることもおすすめです。

f:id:phoy31:20170611234231j:image

 

花が太陽で透過するので、透き通った写真を撮ることが可能です。葉っぱも透過させて露出にプラス補正をかければ女子っぽい写真になります。

 

⑤雨上がりに撮る

もし、雨上がりであれば花に水滴が付いているのでチャンスです。

水滴が光り、キラキラした写真が撮れるでしょう。

 

ざっと思いつくものを書き出してみました。

あじさいは毎年撮っていますが、毎回同じような絵になってしまうので、ガラス玉とかでもっと工夫した写真を撮りたいと考えてます。

 

 今回はあじさいが主役でしたが、あじさいをバックに女性を撮るとふんわりした季節感のある写真になるので被写体になってくれる方がいる場合は試してみてください!

 

梅雨の時期こそ、カメラを出して普段は撮れないものを狙ってみるのもいいかと思います。水滴や水たまり、雨などを撮影すると面白いと思います。

 

ただ、カメラをカビさせないように気をつけてくださいね!使った後は防湿庫等でケアしてあげてください。

 

それでは!

 

 

 

 

工場夜景を撮るには

こんばんは、きりかぶです。

 

更新が滞っており申し訳ございません。

自宅のPCが壊れ、新しいPCを探しておりました。

Macbook airsurfaceの2択で選べず、パソコンから更新ができないためiPhoneから更新させて頂きます。(早く写真編集用のPCがほしい…)

 

さて、今回は工場夜景について触れたいと思います。

f:id:phoy31:20170522234731j:image

@神奈川県川崎市

 

工場夜景といえば、最近ではかなりトレンディーな撮影スポットになりましたね。

 

鉄骨、ライトアップ、煙など、工場には写真愛好家にはたまらない要素が詰まっております。

先日撮影に行った時は、観光バスから大量の中国人が降りてきて川崎の工場地帯を見学してた。笑

 

今回は、工場をキレイに撮影する方法を書いていきます。工場を撮るベストな時間帯は夜がおすすめです。暗くても工場自体が明るく、動かない被写体のため比較的簡単に撮影が出来ると思います。

 

■工場夜景に必要なもの

<必要なモノ>

①三脚

   これは必ず必要なアイテムです。手持ちだとプロカメラマンでも手ブレを起こしてしまいます。

②レリーズ

   必須ではありませんが、あると便利です。直接カメラに触れずにシャッターを切ることができるため、ブレなく写真が撮れます。

 

<時期、時間帯>

時期:いつでも大丈夫です。空気の澄んだ冬とかだと、余計なモヤが映らず撮れるかもしれません。

 

時間帯:夕方or朝方

空に多少の明るさが残り、グラデーションがある状態だとドラマチックな写真になるでしょう。

 

 

<注意事項>

①立ち入り禁止場所には入らない。

撮影対象が工場なので、立ち入り禁止の看板があちらこちらにございます。

 

②車の駐車場所に気をつける

工業地帯のため、大きな車が近くを通ることがあります。邪魔にならないように置いておきましょう。

 

■撮影時の設定

①M(マニュアル)モード

   ・SS(シャッタースピード)は1秒以上になると思います。

   ・F値(絞り)は8以上にすると光芒がはっきりと見えます。ここは好みです。

iso感度シャッタースピードを調整するのに上げても問題ないです。

 

■テクニック

①光芒

工場などの夜景では、強い光があちこちにございます。そのような光は絞りを絞ること(F値を大きな値にする)ことで光芒を作り出すことが可能になります。

 

 f:id:phoy31:20170528012240j:image

 

②長時間露光

シャッタースピードを遅くすることで、水面の動きをなだらかにさせたり、煙や雲の動きを流動的な絵にすることが可能です。

 

f:id:phoy31:20170528012419j:image

 

関東圏だと、川崎の他には千葉の京葉工業地帯が有名なので、ぜひ行って見てください。

 

ではでは!

 

 きりかぶ

 

 

 

 

 

桜を撮る

きりかぶです。

 

昨日、家の近くの桜がようやく開花しました。

いつも見ている風景が華やかになり、春が来たなあと感じる出来事でした。(まだかなり寒いですが)

 

伊豆の河津桜や熱海の大寒桜はすでに2月末頃から咲いていましたが、東京は明日4/2がピークとのことです。まだ撮影の予定が決まってない人は明日にでも行きましょう!!

ピークを過ぎてしまうとすぐに桜はなくなってしまうので。。

 

今日、桜の状況を見に、東京都文京区駒込六義園に行って来ました。桜のシーズンは「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」イベントをやっており、遅くまで開園しております。

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html

六義園のHPより

 

ここで撮れた写真がこちらです。

f:id:phoy31:20170401233104j:image

50mm f1.8 ss1/50

 

ありきたりな写真で恐縮ですが、夜桜です。

ライトアップしているため全体的に明るく、手持ちでもブレることなく撮れました。ポイントは、ボケの階層がいくつかある点です。

手前と奥にボケがあり、真ん中にピントを合わせました。

 

ライトアップの全体図も撮影したかったのですが、あまりにも人が多過ぎて撮れませんでした。また、人の流れもかなり早く、ジッとカメラを据えての撮影は難しいです。。

 

ここで、桜を撮るときのポイントを整理しておきます。これから行く人はぜひ参考にしてください。

 

■桜を撮るときのポイント

①露出値を上げる

そのまま撮ると暗い場合が多く、固いイメージになりがちです。露出をOLYMPUS女子みたく上げてふあふあな写真に仕上げましょう。

 

②寄りの写真を撮る

全体だけ撮ると、白くてポツポツとしたポップコーンみたいな写真しか撮れません。寄りで撮って、一目で桜と思わせる写真も撮りましょう。後で切り取るのもおk。

f:id:phoy31:20170401234034j:image

※イメージ。どうみても桜でしょ?

 

③効果的にボカす

最初に貼った写真とかそうですが、花を撮るときは柔らかなイメージに仕上げることが多いかなと思います。そのため、F値を開放してやわらか〜い写真にしましょう。

 

④他とのコラボ

桜が必ずしもメインとは限りません。たまには添え役に徹することもあるのです。

相性がいいのは、菜花、電車、橋とか。

f:id:phoy31:20170401234625j:image

 

⑤タイミングを意識

満開時がピークかもしれませんが、散っている最中、散った後の水面等もオツなのが桜の面白いところです。4月中は常に桜の状況を確認し、いつでも撮れるようにスタンバイしておきましょう。

 

個人的には皇居周辺の千鳥ヶ淵の桜は散った後に撮ってみたい場所として考えてます。

上野とかは超有名ですか、人が多過ぎて撮影に集中できません。酔っ払いに絡まれますし。

 

東京都内の花見おすすめスポットではなく、撮影向きの花見スポットもそのうち整理してみたいと思います。

 

ではでは!

 

きりかぶ

 

 

 

 

シャッタースピードを使いこなす

きりかぶです。

 

みなさんはTVでスーパースロー映像を見たことがありますでしょうか。一瞬の出来事を何秒もかけて再生するあれです。最近だとアメトークとかでドッキリの再生時や美味しい料理を映す時に使われていますね。

 

動くものを超ゆっくりと再生すると、パラパラ漫画のように1コマ1コマの絵として見ることが出来ます。

 

それと、同じようなイメージで、SS(シャッタースピードを使いこなすことで1瞬を切り取った写真の他に色々なことが出来るようになります。

 

SSを設定するのはカメラのSモード(シャッター優先モード)にします。シャッターは通常、パシャっと一瞬で切るものと考える人が多いですが、パシャの時間を1/5秒とか30秒とか自在に設定出来ます。

30秒とはつまり、30秒かけてシャッターを切るということです。

 

SSを上げる(早くする)と例えばこういう撮影が出来ます。

 

f:id:phoy31:20170329123617j:image

@伊豆下田 船の上にて(1/400秒)

 

海に行けばたくさん飛んでいるウミネコかっぱえびせんが好物です。軍手をしてえびせんを持つと飛びついてきます。その瞬間をパシャっとすると、連続して動いている羽がピタッと止まります。

たくさんのウミネコが襲ってくるので、気をぬくと撮影側も食われます笑

 

普段見ることのできないシーンを撮れるのが面白い部分ですね。

このような要領でSS(シャッタースピード) をいじくると、以下が出来るようになります。

 

【短時間】

①動くもの(人、動物、乗り物、自然現象)を止めることが出来る。

②少しだけブレのある設定にして、ダイナミックな写真を撮る。

 

【長時間】

③自然現象を長時間取ることで、幻想的な写真を撮る。

④星を撮る。星がぐるぐる周遊する星景写真も撮れる。

⑤光が足りない夜景撮影時、シャッターを長時間開けて明るく撮影可能。

 

シャッターを開けている時間がどれだけあろうと、写真1枚に収まります。カメラがあればあなたも時の魔術師のように時間を操ることが出来るのです。

 

特によく使うのは圧倒的に⑤ですね。

カメラは光を記録する道具なので、基本的には暗所が苦手です。例えば夜に景色を撮るときは、光が不足しているのでシャッターを長時間開けて光を確保します。

 

そうすると、このような写真が撮れます。

f:id:phoy31:20170330232931j:image

@3月/熱海

 

ブレがなく、ノイズも発生しないキレイな写真になります。水面もいい感じに反射してますね。

この辺は別途詳しく説明させて頂きますね。

 

夜景は難しいですが、ハマる人が多くいます。

冬の寒い日、夜に長時間撮影してて風邪を引くことが毎年あるので、個人的には気をつけなければいけないジャンルです。。

 

次回はボケでも紹介しようかと思います。

 

それでは!

 

きりかぶ

シルエット写真を撮るには

きりかぶです。

 

昨日の記事で紹介した、シルエット写真を撮る時のコツをまとめます。

シルエット写真とはこんなもの。

f:id:phoy31:20170328084510j:image

@上野 不忍池付近

 

上野で撮影したのですが、ビルの間から沈む太陽の光が強烈で、印象的な写真に見えると思います。私は特別な設定はせずにコンデジで写真を撮りました。

良さそうだな〜と思ってシャッターを切っただけなので、たまたま条件が整っていたのだと思います。

 

シルエットとは、対象が後ろから強い光に照らされることによって黒く影になることです。つまり逆光なのですが、太陽を後ろにして写真を撮ると顔が暗くなりますよね。日没は光が強く見えるので、シルエットを作るにはもってこいの時間帯です。

 

以下、誰にでもできる撮影方法です。

もちろんカメラを持ってなくてもスマホで出来ちゃいます!!

 

■シルエット写真の撮り方

光源ー対象ーカメラの並びで撮影すること。対象物の後ろに光があたる状態にする。

 

②時間帯は日没がオススメ。トワイライトともいいます。

※トワイライトは日の出前や日没後の薄明かりを意味します。スラングで「便所」の意味もあります。。

 

フォーカスははっきりさせること。くっきりした写真にするには絞り優先モード(A)でF値を高い値にします。(絞るといいます。)

 

WB(ホワイトバランス)をくもりor日陰にする。写真の色味が肉眼よりも赤っぽくなり印象的になります。

 

露出を下げる。シルエットにしたいところを黒くさせるためです。

 

⑥フラッシュをたかない。オート設定時にやりがちですが、逆光の意味がなくなってしまいます。

 

⑦撮影後に画像編集で加工をする時は、コントラストを上げ、彩度を高める。

 

必ずしも全部守る必要はありません。状況はいつも違うと思うので、何度か撮りながら調整してみてください。

 

時間が短く、日没帯だとだんだん太陽が降りていくので慌ただしい撮影になります。しかし、この撮影がキマると、玄人っぽい写真になってインスタグラムでいいねがたくさんつくでしょう〜〜(責任は負いません。)

 

■シルエットを楽しむアイデア

シルエット写真の面白さは、人物の顔が影になり隠れてしまうことです。これを味方にすればこんなことが出来ます。

 

f:id:phoy31:20170328232711j:image

@千葉 江川海岸

 

有名な海中電線がある海岸で撮りました。日常感からは遠い、ヒーローショーのようなシーンです。後ろから差す夕日のオレンジ色がアクセントになり、ただの三脚がいい感じのアイテムなりました。撮影補助道具なのに、武器として使うのは生まれて初めてでしたね。

 

何シーンも撮っていたので、あっという間に夜になってしまいました。

 

冬も何度かトライしましたが、やはり夕方〜夜の撮影は暖かい方がいいですね。

面白いパターンが撮れたら第二弾の記事も書きたいと思います。

 

きりかぶ

 

 

 

 

 

 

ブログの内容をどうするか問題

きりかぶです。

 

f:id:phoy31:20170328005757j:image

【熱海のさくら】@熱海市

 

ブログの内容を考えてます。いろいろ書きたいことはあるのですが、多すぎてもやもやしてるので一度文字に起こし整理したいと思います。

 

今後追加になるものもあると思いますが、まずは大きなテーマから。。

 

<大テーマ>

1. 面白い写真

2. 売れる写真

3. カメラ、レンズ

4. 撮影を補助するアイテム

5. 写真・カメラ関連のニュース

6. 読んでるカメラ雑誌について

7. 写真展情報

8. 撮影会情報

9. おすすめの撮影地

10. 写真家たち(アマチュア含む)

 

特に1の面白い写真がメインになると考えてます。

自分が撮影した中で無意識のうちに1番多かったジャンルだからです。アイデア次第でいくらでも撮影出来るのですが、本とかでは纏まっていないと思います。専門家がいないのかな?なので個人的な内容で書いていきます。

 

2の売れる写真とあるのは、自分の撮った写真をネット上で販売が可能です。私も販売サイトに登録しててたまに売れることがあるのですが、登録の方法や、コツを教えてたいと思います。

自分の写真にお金を出してまで書いたい人がいるというのは嬉しいですね。また、私は安月給のリーマンで給料が少ないので、こういう収入に助けられてます。笑

 

9のおすすめ撮影地は自信があります。伊達に毎週末出かけてません。

ネットで見るだけではなく直接自分の目で見て、撮影ポイント、時間帯を確認しているので参考になるかと思います。

撮影スポットを巡る1日のスケジュール等も自分のデータベースがありますので、どんどん公開したいと思います。

 

私は関東ど真ん中の埼玉生まれ埼玉育ちの埼玉エリートなので、関東地方はだいたい射程圏です。

車で片道3時間程度なら余裕になってきました。

 

10の写真家たちは人が絡むのでやや難しいと思いますが、アマチュアカメラマンに興味があります。

趣味でカメラをやってる人は変わった人が多いですね。最近見たのは、菜の花を背景に美少女フィギュアを撮る40歳くらいの人2人組。顔や体のパーツが精巧に作られた美少女フィギュアを三脚に固定し、ゴツいカメラで撮ってました。

 

話しかけようと思いましたが、邪魔しては悪いので遠くから静観しておりました。

地面に膝をつき、何度も何度もトライアンドエラーで必死に美少女を撮る姿はやはり気になりました。いい意味でヘンタイだと思います。

 

そういった尖った人たちはアマチュアカメラマンの中にゴマンといるはずです。

その撮影スタイルの何がいいのか、何を考えて撮ってるのか謎に満ちたカメラマンの世界を覗ければと思います。

 

記事を徐々に更新する中で、どのようなモノを書いていくか決めていきたいと思います。

 

では!

 

きりかぶ

 

 

写真・カメラにハマったきっかけ②

続きです。

 

写真撮影楽しいなーと感じた後に、すぐ壁にぶち当たりました。撮ろうと思ってシャッターを切っても撮れないのです。

 

それは夕方、体育館内での撮影でした。

カメラは光を記録するキカイなので暗所が苦手です。条件が悪いとブレたり、ピントが合わなかったりして、明るくキレイに撮ることができません。

 

そんな中、卓球やバドミントン等の動きのある試合を撮影に行ったのですが、案の定ズタボロな結果でした。

SS(シャッタースピード)が非常に遅くなり、ぼやぼやの写真しか撮れません。ピントを合わせようとしてもAF(オートフォーカス)が仕事をしませんでした。一眼レフを持ってしても難しいものはあるのです。

 

この時は単純に自分の知識不足が原因でした。。

まあ最終的には画像編集で無理やり明るくして記事に掲載しましたが。。笑

 

今後写真撮影をする上で一番のターニングポイントは撮影ロケの参加でした。印刷会社の方の好意で、フリーペーパーに使う写真のモデルを探しているとのことで、たまたまそこにいたわたしに声がかかりました。

 

フリーペーパーで使用する想定の写真イメージは、依頼主と作成側で相談して決めます。顧客からの要望に合わせて撮る必要があるので、大変ですよね。

 

1つ目のカットは、イチゴ狩りの様子

イチゴがたくさんなった房を手で優しく包むシーンです。最初は私が手のモデルをやったのですが、手にゴツゴツとした男っぽさが出てしまいNGがでました。続いて後輩の女の子が同じシーンを再現したらOKがでました。女性らしい丸みのある手の方が美味しく見えるとのことで、納得しました。

f:id:phoy31:20170327030538j:image

 

写真1枚撮るのに気をつけなければいけないポイントがたくさんあるなあ〜と感じました。手に乗せるイチゴも選りすぐりのモノを選びましたし、逆光にならないよう配慮もしました。

 

2つ目のシーンはフェリーでのカットです。

フェリーを楽しむ写真でしたが、時間帯がちょうど日没だったのでシルエット撮影になりました。

背後から撮って頂いたのですが、ただ立っているだけなのにカッコイイ写真が撮れるんですね。

f:id:phoy31:20170327213755j:image

 

こういう撮影は日中帯では出来ず、また完全に暗くなってしまうと出来ないので限られた時間のみ撮影が可能です。

 

わたしはこれが好きで、トワイライトと言われる日没帯の記事も追って書きたいと思います。

アイドルのポーズを真似たり、漫画のキャラクターのポーズを真似たりしています。人数が増えるともっと面白いですね。

 

長くなりましたが、カメラ一つで何でもできる奥の深さに気づいたことがハマった理由の1番にあると思います。日常の記録としての役割を大きく超え、毎日を楽しく飾ってくれる素敵なツールです。

 

自己表現に、暇つぶしに、承認欲求を満たすのに、使い方は人それぞれですが、記事を読んでくれた人が興味を持って頂けるといいですね。

 

では!

 

きりかぶ